資産運用を上手くしていきたいけどどんな選択肢があるのか分からない、また資産運用そのものに興味はあるけど難しそうと考えている人も多いと思いますが、現在資産運用のバリエーションは実に豊富になってきており、より気軽にチャレンジできるようになりました。
資産運用と言えば株取引や不動産投資などハイリターンが期待できるものの、ある程度の経験が必要になったり、リスクを負わなければならない部分が大きかったりするのイメージがありますが、そうではないものもあるのです。

▼ 目次

ソーシャルレンディングのシステムとは

近年とても注目を集めている資産運用の方法のひとつに「ソーシャルレンディング」というサービスがあって、これはシステムがわかりやすくてシンプルですから初めて資産運用にチャンレンジする人でもスムーズに慣れることができると言われています。
インターネット上でもソーシャルレンディング関連のブログを書いている人が増えてきていますし、専門サイトも数多くありますので情報収集もしやすいですし、これから新たに資産運用をするならもっともおすすめの選択肢だと思います。
そこでここではソーシャルレンディングの魅力をブログなどに書かれていることを参考にしながら紹介していきますので、今資産運用をしたいけどどうしようか悩んでいる人は参考にしてください。

はじめにソーシャルレンディングってどんなことをするの?という人のためにシステムを簡単に説明しておきたいと思います。
まずソーシャルレンディングについて書かれている記事の中にははしばしば「投資」というワードがセットになって出てくることがありますが、明確に言うとこれは間違いで、「投資」よりも「融資」のほうが正しいです。
と言うのもソーシャルレンディングというサービスは資産運用したい人と資金調達したい企業などをソーシャルレンディングを運営しているファンドが結びつけており、資産運用したい人からファンドへお金がいき、そのお金を資金調達したい企業などへ融資しているからです。

そして資金調達を受けた企業はファンドへ元金と手数料という名目の利息を返済していき、その利息の中にも自身の取り分が入っているからです。
つまりお金の流れとしては資産運用したい人→ファンド→資金調達したい人という形になっていて、資産運用したい人がファンドへ入金し、ファンドが企業へ融資し、その後企業がファンドへ元金と手数料を返済するのです。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い

同じような方法としてクラウドファンディングと呼ばれるものがありますが、クラウドファンディングはソーシャルレンディングとは逆で融資よりも投資になります。
クラウドファンディングの特徴として新たなサービスを開発する技術やプランは明確になっているけど資金がないというところに対して投資するというのがあげられますし、投資したことによって返済義務が生じるわけではありませんから、極端な言い方をすれば新しいサービスを買うという感覚に近いものがあります。

したがって一般的なクラウドファンディングが「購入型」と呼ばれるもの、ソーシャルレンディングは「融資型」と呼ばれるクラウドファンディングと言えるでしょう。
利益を出すことを第一に考えるならソーシャルレンディングのほうが確実性は高いですし、株取引や不動産投資と比較してもリスクは少ないので初心者の人でもはじめやすいのです。

ソーシャルレンディングのブログをチェック

ここまで読んでまだ資産運用の経験がない人でもだいたいシステムは理解できたと思いますが、要するにソーシャルレンディングとは「ファンドを通じて企業へお金を融資し、返済金の利息で利益を出す」サービスなのです。
まずはこれだけ理解しておけばやっていくうえで大切な知識もどんどん身に付いてくるはずですし、やらなければならないことも明確になるでしょう。

ソーシャルレンディングをはじめるにあたって参考にしておきたいのはやはり実際にソーシャルレンディングをやっている人のリアルな声で、そういった意味でブログから得られる情報はとても貴重です。
ソーシャルレンディング関連のブログの中には初めて資産運用にチャレンジした人がどんな流れでスタートしたのか書いていたり、実践記録を残していたりしますから、ソーシャルレンディングのリアルな流れを知ることができます。
こういった新しいサービスは日々進化していきますし、1週間前に常識だったことが今日は非常識になっていることもめずらしくありませんから、リアルタイムで新しい現場の声が入ってくる情報源としてとても重要なのです。
おすすめのソーシャルレンディングのブログはこちらです。

現在ブログを書いている人のほとんどがはじめはソーシャルレンディングをやっている人のブログを参考にしたと答えていますし、そこから新しい情報を得たり、情報を提供したりとコミュニケーションを取っている人もいます。
そういった交流もチャレンジを成功させるためには大切なことなので、ただブログを読むだけでなく、自分もブログを書いてみることにチャレンジするのもおすすめです。